・ビルピット清掃

一戸建てや一部の建物以外には、排水槽が各種設けられています。
建築物環境衛生管理基準では、排水槽について(雨水貯留槽・湧水槽を除く。)、一年に2回(6月以内ごとに1回)の清掃が義務付けられています。
東京都では原則一年に3回以上(4カ月以内ごとに1回以上)の清掃を指導しています。
清掃時に槽内の状況やポンプの運転状況などを点検し、ご報告いたします。

・グリストラップ清掃

厨房施設にあるグリストラップは定期的な清掃をお勧めいたします。油脂が配管内に固着すると、厨房内の排水が滞り、逆流や溢れを引き起こします。
また、害虫発生の原因にもなる為、定期的に状態を確認し、油脂固形物の除去を行っていただくことをお勧めいたします。
定期清掃時に配管の高圧洗浄をあわせて実施すると確実です。

・貯水槽清掃

10㎥(10トン)以上の貯水槽は『簡易専用水道』に分類されるので、水道法により1年に1回以上の貯水槽清掃と水質検査が義務付けされています。また10トン以下であっても平成13年の水道法の改正により、1年に1回以上の清掃を義務付ける自治体も増えてきました。どんなに小さな貯水槽でも1年に1度の貯水槽清掃を実施するのが当たり前の時代になったのです。

法定検査を実施しなかった場合には、100万円以下の罰金が課せられます(水道法54条、第8号)。この罰金は管理会社、施設責任者またはオーナー様に課せられます。

また貯水槽清掃の作業は厚生労働大臣の登録を受けた、有資格者しか従事できないことにもなっています。その有資格者には定期的な健康診断と検便を事務づけています。

貯水槽は密閉されていますが、空気と触れていますのでカビや雑菌、時には昆虫の死骸などが浮いていることもあります。時にはこんな水を飲んでいるのかと疑いたくなるケースもあります。貯水槽清掃を定期的に実施して水質検査をすることにより、使用する人の健康と衛生管理を行うことが出来ます。

・排水管洗浄

排水管清掃は、雑俳水槽、汚水槽ともにビル管理法で年1回の清掃が奨励されています。
排水管が汚いと、詰まり、悪臭、害虫発生など、衛生環境を乱す現象が起こりますし、労働環境、生活環境を整えるという意味でも、定期的な排水管洗浄をお勧め致します。

排水管洗浄が必要な理由としては腐敗した食物屑、油脂、毛髪、繊維屑等、これらの汚れが排水管内部に付着し、徐々に蓄積され排水内部を細くし、排水不良や悪臭の発生を招く原因となります。 このような汚れを取り除き、常によい流れを保つことによって、快適な生活環境衛生を維持すると共に、排水管の劣化予防対策としても排水管洗浄は重要な意味をもっています。

・給排水設備工事

雨水・湧水・空調ドレンなどの発生水、衛生器具などで使用され汚染された水を敷地外に排出するための設備です。速やかかつ衛生的に排出するため適切な排水配管とともに、排水トラップ・通気設備などの付属設備を設置する必要があります。

・汚泥処理

事業活動に伴って生じた「汚泥」は、「産業廃棄物」のひとつに分類されます。
汚泥はその成分から有機性汚泥と無機性汚泥に分けられます。

吸引風量毎分70㎥を誇る超強力吸引車から、高層階やバキュームホースを引くことが難しい場所に最適なエコマイクロクリーナーまで、あらゆる現場シーンに対応可能な特殊車両と専門機材を充実させています。有機性汚泥、無機性汚泥の両方に対応しています。

  • 飲料水用水槽清掃
  • 上水・下水用の各種水槽清掃
  • 厨房用のグリストラップ清掃
  • 給排水管工事
  • 集合住宅・ビル排水管高圧ジェット洗浄
  • 空調用ドレン排水管強力吸引洗浄
  • 各種配管調査(管内カメラ・肉厚測定等)
  • 給排水管更生工事(排水管更生工事・UPL工法)